So-net無料ブログ作成

ゴーストツアーの記念写真に・・・いるはずのない子供が2人 [観光・レジャー]

心霊写真?.jpgシドニーから南西へ車で約1時間の田舎町ピクトンでのゴーストツアーに参加した観光客は、自ら撮った写真を見て、鳥肌がたった。そこには、いるはずのない子供2人の姿が写っていたのだ。

(写真はレニー・イングリッシュさん撮影。デイリーテレグラフ紙電子掲載。ちょっとこわいので小さく掲載。写真をクリックすると拡大します)

[人影][人影][人影][がく~(落胆した顔)][人影][人影][人影] 

森深い避暑地でも知られるサザーンハイランド地区にあるピクトンは、古きよき開拓時代のなごりが残る、農業を主体とした静かな町だ。ニューサウスウェールズ州ポートマッコーリー在住のレニー・イングリッシュさんは1月9日、観光の一環で、セント・マークス教会に隣接する墓地で行われるゴーストツアーに参加。ツアー場所の墓地についたのは午後7時過ぎ。問題の写真は、ツアー開始前に何気に撮影したものだった。イングリッシュさんは、「霊魂の存在とか、そういうものには特に興味がなかったの。でも、あとからこの写真を見て、髪の毛が逆立つというか、全身鳥肌がたって、以来、怖い映画も見られなくなったわ。今は、そうね、霊の存在はあるのかな、と思うわ。」と語った。イングリッシュさんをはじめ、当時ツアーに参加した人は口をそろえ、写真に写っているような子供は誰もいなかったと主張する。地元長老によると、イングリッシュさんの写真に写ったのは、1886年に枕木の積み場で遊んでいて足場が崩れ圧死したブランシェ・ムーンちゃんと、1946年に病死した当時の牧師の息子、デービット・ショー君だと証言。問題のゴーストツアーでは、1916年に電車にひかれて死んだ現地の50代の女性の霊が出るといううわさもある、、とか。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。