So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

シドニーで年間所得15万ドル 富裕層と見なされない!?  [社会]

sYD.jpgギラード労働党政権による2011/12年連邦予算案が発表された。ここで注目されたのが、税優遇適用の境界線として設定された世帯別の所得水準15万(約1350万円)ドルの位置づけだ。

[わーい(嬉しい顔)][家][ちっ(怒った顔)][家][がく~(落胆した顔)][家][ふらふら][家]

ウェイン・スワン蔵相は、年間所得が15万ドルに達する世帯は、シドニーでは決して裕福とはいえないという見方を基調に、11/12年度予算における税優遇措置決定の理由を説明。地元紙シドニー・モーニングヘラルド紙電子版による読者アンケート結果を見ると、シドニーで15万ドルの所得がある世帯は裕福だと回答した割合は、11%。家計に余裕がある情況と答えたのは46%、厳しいと答えたのは23%。(富裕とは言えないと回答した割合は20%(5月11日午後3時現在)。この結果から単純に推察すると、アンケートに回答した読者の4割超は、年間所得が15万ドル以上ありながら、経済的に余裕を感じていないということになりそうだ。予算関連のニュースを追う前に、「どして~?」と絶句して、ニュース追跡をとん挫。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。