So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

世帯別の平均電力消費量 地区別経済格差が浮き彫り [環境]

sydney.jpg7月1日から最高18%の電力値上げが承認されているシドニーにおける一世帯あたりの平均電力消費量は、年間7,000キロワット、電気代は1510ドル(約13万5千円)。38ある行政地区別で比較すると、シドニー北部の富裕地区クリンガイが最も高く、平均電力消費量は10,453キロワット、電気代は2477ドル(約22万円)という。

[ひらめき][ひらめき][ひらめき][ひらめき][ひらめき]

地元メディア大手ヘラルドが、配電会社提供のデータに基づき算出したもの。これによると、全世帯に占める一戸建て住宅の割合が9割近いクリンガイ地区同様、ハンターズヒル地区、ウラーラ地区など富裕地区ほど世帯別の電力消費量の高さが目立った。一方、4世帯のうち3世帯がマンション暮らしであるシドニー地区では、玄関ロビーやプール、ジムなど、建物内の共同施設用使用電力が各世帯用の電気料金には直接反映されていないことから、今回のデータをもとに節電努力を推察するのは難しい。電気料金の高騰と環境への意識から、節電を心がけたいとする住民が8割に達する一方、具体的な方法に関する情報不足や効果実感の希薄さが、積極的な節電への足かせとなっているようだ。こうした現状に基づき、研究者らは節電啓蒙にはコミュニティーを基盤とした住民全体の連携意識と情報共有が必須と指摘する。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。