So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

マレーバレー脳炎で外国人観光客死亡 蚊に注意 [ヘルス]

マレーバレー脳炎.jpg北部準州保険当局は5月26日、同州でのホリデーから帰国した外国人旅行者がマレーバレー脳炎を発症し死亡したと発表した。

[病院][ペン][病院][ペン][病院]

5月はじめの2週間にわたる同州観光からカナダに帰国した女性旅行者(19)は、帰宅した日に体調を崩し、地元病院に入院。マレーバレー脳炎と診断され、27日に亡くなった。同脳炎は蚊を媒体として発症し、激しい頭痛や高熱、めまい、けいれんなどの症状を伴い、死にいたることもある。具体的な予防法はなく、当局では蚊に刺されないようにし、症状が出た場合には早急に医者にかかるよう注意を促している。豪州国内では北部準州で現在、2歳の子供が同脳炎にかかって入院しているほか、今年3月にビクトリア州と南オーストラリア州で入院患者が確認され、いずれも亡くなった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。