So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

南米チリからの火山灰でメルボルン空港混乱  [その他]

キャンセル.jpgメルボルン空港で6月12日、国内線・国際線ともほぼ全便がキャンセルとなり、約3万人の利用客に影響が出た。今月はじめに噴火した南米チリのプジェウエア火山からの灰が、オーストラリア南部の上空に到達。各航空会社はエンジントラブルなどの危険を回避し、同日夕方から、メルボルン離発着便の運行を見合わせた。

[飛行機][台風][ちっ(怒った顔)][台風][飛行機]

カンタス航空をはじめ各航空会社は13日午後から、メルボルン空港での運行を再開しはじめたが、昨夜からのキャンセルで足止めとなった乗客からのスムーズな移動回復には、まだ時間がかかりそうだ。こうした中、メルボルンからシドニーに向けてタクシーを走らせた乗客もあったようだ。シドニー・モーニング・ヘラルド紙が伝えたところによると、メルボルン空港で3人の乗客を乗せたタクシーは、1200ドルの料金で合意し、シドニーまで片道800キロを送り届けたという。昨年4月には、メルボルン在住の男性3人が、フランスからマドリードまでタクシーを走らせ、4000ドルの運賃を支払ったことがニュースになった。このときは、アイスランドの火山爆発で欧州の空の便が大混雑。男性らはマドリード空港から無事、飛行機に乗ってメルボルンに帰還したもよう。この3人、今回と同じグループなら、Quite Something! 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。