So-net無料ブログ作成

調査捕鯨めぐる衝突激化 ワトソン船長は調査団を一方的に非難  [環境]

スティーブアーウィン号.jpg日本の調査捕鯨団の監視船第2昭南丸と、米国拠点の反捕鯨団体シー・シェパード(SS)の小型高速船アディ・ギル号が1月7日の現地時間午後3時過ぎ、海上で衝突した事件で、SSのポール・ワトソン船長は、「日本側が故意にぶつかってきて、SOSにも対応せずに逃げた」と発言。豪メディアのデイリーテレグラフ紙は、同船長の主張と発言を中心に、この事件を報道している。(写真はワトソン船長のスティーブ・アーウィン号)

[ちっ(怒った顔)][あせあせ(飛び散る汗)][がく~(落胆した顔)][ふらふら][どんっ(衝撃)][ちっ(怒った顔)]

朝日新聞電子版は、日本の水産庁からの情報にもとづき、「アディ号は同日午前3時ごろから、母船の日新丸(8044トン)の針路にロープを投げ入れるなどの妨害行為をしていた。放水などで接近を防いでいた昭南丸の針路を右から左に横切る際、アディ号が減速した後、急加速して近づいたため、避けられなかったという。  衝突後、アディ号から救難信号は発信されず、乗組員は仲間の船から出されたゴムボートに乗り移った。」と報道。これに対して、豪州のデイリーテレグラフ紙は、『日本側がアディ号を真っ二つに』との見出しで、ワトソン船長への電話インタビューに基づき、「アディ号は衝突を避けようとしたが、日本側が急に発進しぶつかってきた。SOSにも応じることなく、その場から走り去った」と報じた。

衝突事故が発生した時、ワトソン船長が乗るスティーブ・アーウィン号は現場から数百キロ離れた海上を航行していた。同船長は昨年11月、アディ号が抗議活動に加わることことをほのめかしていた。事故発生に先駆け、抗議船が捕鯨船の甲板に向けて、クリスマスツリーに使用する球状の飾りの中にバターを腐らせて作った異臭物をしこんで投げ入れるなどの妨害活動も行ったという。 

SSによる反捕鯨活動に今回はもう1隻の抗議船が加わっている。ノルウェー製の元捕鯨船でSSがガーナで購入。購入額の500万ドル(約4億5千万円)は、米国人セレブ芸能人の寄付によるもの。同芸能人にちなんで、ボブ・バーカー号と名づけられた。破損したアディ号に乗っていたSSの活動家6人は、同抗議船に救助された。

なお、今回の事故報告を受けた豪州連邦政府は、「危険な海上で人命に関わるような行為は許されない」とした上で、現時点で海上保安局から緊急に巡視艇などを出す考えはないとしている。


野生馬100頭 銃による虐待の犠牲に  [社会]

brumbies.jpgニューサウスウェールズ(NSW)州南部の公有森林地帯に生息する野生の馬を狙った、銃による虐待が頻発し、過去1年半で約100頭が殺された。(写真はデイリーテレグラフ紙電子掲載から)

[がく~(落胆した顔)][もうやだ~(悲しい顔)][ちっ(怒った顔)][がく~(落胆した顔)][ちっ(怒った顔)][もうやだ~(悲しい顔)]

野生の馬の銃殺死体が、州政府が保有するマラグル、バゴ森林地帯で相次ぎ見つかった。今回見つかった10頭のうち6頭は、50メートル前後の至近距離からライフルのような強力な銃で撃たれていたという。この中には、元々家畜として付近の農家で飼われていたのが逃げ出し、野生の群れに加わった牝馬も確認されたほか、仔馬の射殺体も見つかった。州当局は現場検証を行うなどし、犯人逮捕に向けて本格的な捜査を進めている。


会社員の10人に1人が告白 同僚の弁当を盗み食い [社会]

お正月.JPGオーストラリアの職場では、約1割の人が同僚の弁当を黙って食べることがあると告白している。

[レストラン][フリーダイヤル][時計][ファーストフード][足][レストラン]

ピザ宅配大手ドミノズ・ピザが、全国の勤め人5千人を対象に行ったアンケート結果によると、クインズランド州、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州では、およそ10人に1人が、職場の冷蔵庫などにあった他人のサンドイッチやお弁当を黙って食べることがよくあると答えた。タスマニア州では、同質問に「はい」と答えた人の数はゼロだった。ほかに、州ごとの会社員たちのランチタイムの状況を見ると、ビクトリア州では約33%の人が、お昼の休み時間はいつもまるまる1時間使うと答えたのに対し、クインズランド州では75%の人がお昼休みは30分以内で切り上げると答えた。自分の机でコンピュータを前に昼ご飯を食べることが一番多いのは西オーストラリア州で、26%の人が「はい」と答えた。


国内の人気旅行先 1位はシドニー QLD州が躍進 [観光・レジャー]

Coffs.JPGオンライン宿泊予約大手Wotif.comによると、昨年の国内旅行先で最も人気があったのは前年に引き続きシドニーだった。クインズランド(QLD)州の観光地6ヶ所が上位20位に入り、ここでも「世界一すてきな仕事」の効果がうかがわれた。

[かわいい][飛行機][船][車(RV)][飛行機][かわいい]

ブリスベン拠点のWotif.comが、昨年の予約件数に基づき統計をとったもの。上位20位に、ブリスベン、ゴールドコースト、サンシャインコースト、ケアンズ、タウンズビル、マッカイと、QLD州の6地が入った。特に健闘したのはマッカイ。1年前の28位から19位に昇格した。20都市のリストは、以下のとおり。(  )内は2008年度の順位。 

1. Sydney (1) 2. Melbourne (2) 3. Brisbane (3) 4. Gold Coast (4) 5. Canberra (11) 6. Adelaide (5) 7. Perth (6) 

8. Sunshine Coast (12) 9. Cairns (7) 10. Hobart (9) 11. Launceston and Tamar Valley (TAS) (10)

12. Darwin (8) 13. Townsville (13) 14. Newcastle, NSW (14) 15. Albury (16) 16. Coffs Harbour, NSW (15)

17. Port Macquarie, NSW (17) 18. Hunter Valley, NSW (18) 19. Mackay (28) 20. Byron Bay, NSW (20)


私邸は有名ホテルの中 都市型ライフの新たなトレンド [不動産]

cityhigh.JPG観光業の不振や価格競争激化で厳しさを増すホテル業界で、空室の居住物件化や、ホテルとマンションが共存する混合開発に、海外からの投資家などの注目を集めている。

[ビル][家][ビル][家][ビル][家][ビル][家]

ライアン法律事務所を運営するトニー・ライアン氏は昨年開かれた業界向けの会合で、こうしたホテルとマンションの共存型開発が今後、トレンドになると指摘。シドニーのキーウェストや、メルボルンのウェスティンに続き、ゴールドコーストのヒルトンでも、ホテル部門と居住部門の混合開発が進められている。昨年10月、シドニーにあるホテル大手シェラトン・フォーポイントが、1億8500万ドル(約157億円)でシンガポールの投資家に売却された。同9月には、サーファーズパラダイスにあるマリオット・リゾート・スパが7500万ドル(約64億円)で、インドネシア企業に売却された。ほかに現在売却対象となっている有名ホテルには、シェラトン・ミラージュ(ゴールドコースト)、シェラトン・オン・ザ・パーク(シドニー)、マントラ・サウスバンク(ブリスベン)などが名を連ねる。有名ホテルのブランド名やその立地環境は、海外からの不動産投資家の安心や満足を確保しやすいこともあり、ホテルと居住物件の複合開発が今後、確実に増えると見られる。


世界一の仕事 1日19時間労働も無事終了 [観光・レジャー]

gbr1.JPGクインズランド(QLD)州ハミルトン島で昨年、世界一すてきな仕事についたベン・サウスホールさん(34)が当初の契約期間満了を向かえ、その任務を終えた。ウォーターフロントの豪邸に住みながら、世界に向けて同地の観光集客に専心する仕事は、1日19時間労働で、ほぼ休みなく、世界遺産のグレートバリアリーフに終日どっぷりつかりっぱなしの毎日だったようだ。

[晴れ][リゾート][かわいい][リゾート][映画][リゾート][かわいい][リゾート][晴れ]

約3万4千人の世界各国からの応募者の中から選ばれた英国人サウスホールさんは、約90ヵ所の地元観光スポットに足を運び、60件以上のブログに7万5千語を超える記事を投降。その量は、ちょっとした小説に匹敵するという。サウスホールさんが記録したビデオダイアリーの数は47本に達し、メディアからのインタビューは250本。この中には、米国の人気トークショーへの出演も含まれた。QLD州観光当局は、サウスホールさんの熱心な働きぶりとその貢献度に大いに満足し、あらたに18カ月の任期で、同州全体の観光PR役を依頼した。


謹賀新年 シドニーのメッセージはAwaken the Spirit [社会]

01012010Syd.jpg大晦日の深夜、シドニーは、総額500万ドル(約4億5千万円)を投じた大花火大会とともに2010年を迎えた。ハーバーブリッジやオペラハウスなどシドニー湾周辺は約150万人の見物客でうまり、にぎやかで晴れやかなオージースタイルで、行く年来る年の興奮が街をおおった。

[ぴかぴか(新しい)][夜][ぴかぴか(新しい)][夜][ぴかぴか(新しい)][夜][ぴかぴか(新しい)]

今年のメッセージは「Awaken the Spirit:シドニー魂に火をともせ」。海と空を象徴する青色を基調に、ハーバーブリッジには、「陰陽」「青い月」「炎の輪」をモチーフとしたしかけが花火とともに姿をあらわした。当夜酔っ払いなどの迷惑行為で警察に検挙されたのは約130人。元旦の朝の清掃活動では、シドニー湾周辺で約60トンのゴミが収集された。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。