So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ここはどこ? うっかり皇帝ペンギン NZに漂着 [環境]

皇帝ペンギン.jpgニュージーランド北島の静かな砂浜で6月20日、一羽の皇帝ペンギンの姿が確認され、地元住民らの話題となっている。

[雪][ドコモポイント][雪][ドコモポイント][雪][ドコモポイント][雪]

NZ北島の西海岸側ペカペカビーチで犬の散歩をしていた地元住民が最初に気がつき、動物保護機関に連絡した。同国で野生の皇帝ペンギンが見られるのは40年以上ぶりで、北島ではおそらく初めての出来事。当局の観察によると、皇帝ペンギンは生後約10ヶ月で、見学にやってきた地元住民や浜辺を散歩する馬の姿にも動じる様子もなく、健康状態に問題はないもよう。けれども、今後も生き続けるためには、南極に帰る必要があるという。


シドニー大学に寄贈されたピカソの絵 売却額は18億円  [その他]

ピカソ.jpg米国から匿名でシドニー大学に寄贈されたピカソの作品『Jeune fille endormie』が6月21日、英国ロンドンのクリスティーズでのオークションで、1,350万ポンド(約2,070万豪ドル、18億円)で売却された。

[アート][アート][アート][アート]

今回売却されたのは、ピカソが愛人マリー・テレーズ・ワルテルを描いた作品の1つ(1935年)。寄贈主を公表しないこと、売却額を科学研究費に充てることを条件に昨年、匿名の米国人からシドニー大学に贈られた。当初の予想落札額は13億円~16億円。ちなみにこの作品、1967年に1800万ポンドで売約されたのを最後に、これまで一般の目に触れることがなっかたといういわくつき。


火山灰の影響で主要空港再び閉鎖 [観光・レジャー]

Nasa火山灰.jpg南米チリから飛来した火山灰の影響で6月21日、オーストラリア国内主要空港が再び閉鎖を余儀なくされた。カンタス航空は国内・国際線とも22日にかけて、シドニー空港、メルボルン空港、キャンベラ空港の離発着便をキャンセルするとしている。

[飛行機][ふらふら][台風][ふらふら][飛行機]

カンタス航空は21日午後3時以降、上記3空港での国内線サービスをキャンセル。国際線の運航も見合わせている。ほかにジェットスター、ヴァージン航空、タイガー航空らも、一部アデレード空港離発着便も含めて運行を見合わせており、ヴァージン航空は、気象状況が改善しだい、22日の早い段階でアデレード路線の運行再開を行うとしている。気象庁によれば、シドニー、メルボルン、キャンベラ上空に漂う火山灰の影響は、22日から長くて48時間続く可能性もあるという。


ギラード首相との夕食券 社会活動団体が3万ドルで落札 [政治]

豪首相.jpgオーストラリアの若者が運営組織する民間非営利団体『GetUp!』がこのほど、チャリティー・オークションで連邦首相との会食券を3万1千ドル(約270万円)で落札した。

 [レストラン][レストラン][レストラン][レストラン][レストラン]

シドニーに本部を置く同団体は2005年、世界的なリーダー養成で知られるハーバード大学ケネディスクールを卒業した若い2人のオーストラリア人が設立。よりよい国づくりを支えることを目標に、いかなる政党・政治団体からも中立の立場を維持し、さまざまな社会問題に民衆の声を反映するべく、政府の決定や計画を厳しく吟味し、政治家たちの責任の所在を明らかにすることを目指し、活動している。現在の代表は、ニューサウスウェールズ大学で経済学を専攻したサイモン・シェイクさん(24)(2008年9月就任)。今回落札した食事券は、同性愛カップルに譲渡し、同性愛者の婚姻を合法化することに反対するジュリア・ギラード首相と、腹をわって語りあってもらうつもりだ。


ダライ・ラマ14世 豪州ツアー 各都市で講演会チケット完売 [オージートレンド]

ダライラマ.jpgチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世は、6月9日から20日にかけてオーストラリアの主要都市を訪問。講演会はどこもチケット完売で、その存在力と求心力への一般市民らの関心の高さがうかがわれる。

[満月][満月][満月][満月][満月][満月][満月]

ブリスベンで15日、サウスバンク地区にある『ピアッツァ』で開かれた講演会は、文字通り老若男女さまざまな聴衆で満席となり、「どんなことでも、決してあきらめないこと」と題したダライ・ラマ14世の講和が行われた。11日~13日のメルボルン、14日のキャンベラでの講演会もすべてチケットは完売。17日のサンシャインコーストでの講演会を終えると、19日のパースでの講演会を最後に、豪州ツアーを終了する。チケットは1枚15~55ドル。http://www.dalailamainaustralia.org/default.aspx


空の便 混乱続く チリ火山灰の影響 アデレード上空も飲み込む

Volcanic eruption in Chile.jpg南米チリから豪州上空に届いた火山灰の帯は、6月14日の朝、アデレード空港へとその影響を拡大した。カンタス航空、ジェットスター、タイガー航空は同空港からの離発着便をキャンセル。前日のメルボルン空港での大混乱が、アデレードに飛び火した形となっている。

[飛行機][台風][iモード][台風][飛行機]

カンタス航空は13日午後、メルボルン・シドニー間の運行を再開したばかり。連日の大混乱で、同航空の利用客約2万人が足止めをくったもようで、このうち1万5千人は依然として目的地への移動手段に見通しがたっていないという。ヴァージンやニュージーランド航空は、火山灰の影響を避けて高度を低く保つなどの対策を講じながら、運行を続けている。カンタス航空は14日午後1時過ぎ、気象状況などをもとに、運行再開の有無を検討するとしている。一方、同航空は、タスマニアおよびニュージーランド行きの全便を14日、キャンセルすることを明らかにした。


NZクライストチャーチ再び地震 M5.5とM6立て続け [環境]

NZ余震.jpgニュージーランドのクライストチャーチで6月13日現地時間午後1時、マグニチュード5.5の地震が発生。午後2時20分には、さらにマグニチュード6.0の地震が続いた。いずれも震源の深さは10キロ前後と浅く、約10人が落下物などでけがをして病院に搬送された。

 

クライストチャートでは昨年9月、マグニチュード7.1の大規模地震が発生したのに続き、今年2月22日のマグニチュード6.3の地震で、建物の下敷きになるなどして182人が死亡。市中心部のビジネス街でビルの崩壊や深刻な損害が出たほか、10万戸以上の家屋が被害をこうむった。


南米チリからの火山灰でメルボルン空港混乱  [その他]

キャンセル.jpgメルボルン空港で6月12日、国内線・国際線ともほぼ全便がキャンセルとなり、約3万人の利用客に影響が出た。今月はじめに噴火した南米チリのプジェウエア火山からの灰が、オーストラリア南部の上空に到達。各航空会社はエンジントラブルなどの危険を回避し、同日夕方から、メルボルン離発着便の運行を見合わせた。

[飛行機][台風][ちっ(怒った顔)][台風][飛行機]

カンタス航空をはじめ各航空会社は13日午後から、メルボルン空港での運行を再開しはじめたが、昨夜からのキャンセルで足止めとなった乗客からのスムーズな移動回復には、まだ時間がかかりそうだ。こうした中、メルボルンからシドニーに向けてタクシーを走らせた乗客もあったようだ。シドニー・モーニング・ヘラルド紙が伝えたところによると、メルボルン空港で3人の乗客を乗せたタクシーは、1200ドルの料金で合意し、シドニーまで片道800キロを送り届けたという。昨年4月には、メルボルン在住の男性3人が、フランスからマドリードまでタクシーを走らせ、4000ドルの運賃を支払ったことがニュースになった。このときは、アイスランドの火山爆発で欧州の空の便が大混雑。男性らはマドリード空港から無事、飛行機に乗ってメルボルンに帰還したもよう。この3人、今回と同じグループなら、Quite Something! 

 

 


こまめな休暇取得と中国資本頼み 国内産業復興のかぎ [観光・レジャー]

qualia.jpgオーストラリア人はもっとこまめに有給休暇をとり、ホリデーは手軽に楽しめる国内旅行で楽しむべきーーマーティン・ファーガソン連邦環境相は、国民の休暇のあり方に対する価値観の転換が、国内観光産業の復興に貢献すると指摘する。

[リゾート][飛行機][カメラ][飛行機][リゾート]

同相の発言は、このほどケアンズで開かれた豪中観光サミットで行われたもの。ツーリズム・オーストラリアの調査によれば、フルタイム労働者による未消化の有給休暇は延べ1億1800万日で、330億ドルに達する。同労働者の4人に1人が、25日分の有給休暇をためこんでいるという。ファーガソン環境相は、昨今の豪ドル高の影響もあり、特に若い世代の労働者は、休暇をゆっくり海外ですごそうと、有給休暇を溜め込む傾向が強いという。こうした休暇のためこみは、疲労や仕事の効率悪化などの弊害を生む原因にもなることを認識した上で、豪州の労働者はもっと3~4日間の休暇をひんぱんに取得し、国内旅行を楽しむ習慣を育むべきだと指摘した。同サミットでは、国内観光業の救世主として、中国からの投資促進の重要性を再確認。向こう10年間に中国からの観光客呼び込みに注力する計画も明らかにされた。


ヴァージン・オーストラリアとシンガポール航空 コードシェアで長期提携へ [経済]

VAimages.jpgSing.JPG低価格キャリアのヴァージン・オーストラリア(VA)とシンガポール航空が、コードシェア計画を進めている。豪市場監視当局の認可が降りれば、8月1日からの実施に踏み切る。

 [飛行機][飛行機][飛行機][飛行機][飛行機]

両航空のコードシェアを通して、シンガポール航空は顧客向けのオーストラリア国内路線利用と乗り継ぎの簡易化をはかる。両航空の優良メンバーは、それぞれの航空ラウンジを利用できるようになる。


大型書店ボーダーズ 国内残り全店閉店へ  [経済]

ボーダーズ.jpg大手書籍チェーン店ボーダーズが7月末をもってすべて閉店となる。今年2月に親会社のREDグループ・リテイルが破産手続きに入り、国内では9店舗を残して営業を続けてきたが、買い手が見つからず、全店閉店されることになった。負債総額は1億1800万ドル(約106億円)

 [soon][end][on][soon][end][on]

店内におしゃれなカフェを設け、あらゆるジャンルの書籍のほかにCDやDVDなどを扱う大型店ボーダーズは、全盛期にはオーストラリア全土に26店舗、ニュージーランド、シンガポールとあわせて260店舗まで拡大した。ボーダーズの撤退は、オンラインショッピングの主流化や、電子書籍の浸透という流れに沿わない画一的な大型チェーン書店の時代の終わりと見る向きもある中、従来の本屋は、オンライン業者にはできないアナログならではの個性やサービスを創出しながら、途絶えることはないとする声もある。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。