So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ここはどこ? うっかり皇帝ペンギン NZに漂着 [環境]

皇帝ペンギン.jpgニュージーランド北島の静かな砂浜で6月20日、一羽の皇帝ペンギンの姿が確認され、地元住民らの話題となっている。

[雪][ドコモポイント][雪][ドコモポイント][雪][ドコモポイント][雪]

NZ北島の西海岸側ペカペカビーチで犬の散歩をしていた地元住民が最初に気がつき、動物保護機関に連絡した。同国で野生の皇帝ペンギンが見られるのは40年以上ぶりで、北島ではおそらく初めての出来事。当局の観察によると、皇帝ペンギンは生後約10ヶ月で、見学にやってきた地元住民や浜辺を散歩する馬の姿にも動じる様子もなく、健康状態に問題はないもよう。けれども、今後も生き続けるためには、南極に帰る必要があるという。


NZクライストチャーチ再び地震 M5.5とM6立て続け [環境]

NZ余震.jpgニュージーランドのクライストチャーチで6月13日現地時間午後1時、マグニチュード5.5の地震が発生。午後2時20分には、さらにマグニチュード6.0の地震が続いた。いずれも震源の深さは10キロ前後と浅く、約10人が落下物などでけがをして病院に搬送された。

 

クライストチャートでは昨年9月、マグニチュード7.1の大規模地震が発生したのに続き、今年2月22日のマグニチュード6.3の地震で、建物の下敷きになるなどして182人が死亡。市中心部のビジネス街でビルの崩壊や深刻な損害が出たほか、10万戸以上の家屋が被害をこうむった。


温暖化による海面上昇 WA州では過去20年で8㎜  [環境]

critical decade.jpg地球温暖化による海面上昇の危機は、これまで想定されてきた以上に深刻で、特に影響が大きい西オーストラリア州の海岸に面した土地は2100年までに水没する可能性があるーー連邦政府気候委員会の報告書で指摘された。

 

キャンベラ拠点の気候科学者ウィル・スティーブン委員長を筆頭とする調査報告書「The Clitical Decade」が5月23日、発表された。これによると、温暖化の影響が特に顕著な西オーストラリア州では1990年代初頭からこれまでに海面が8㎜上昇したことがわかった。世界の海面上昇平均が1年当たり3.2mmに対し、豪州国内ではWA州同様海面上昇率が高い北部準州のアーンヘム・ランドで、7mmを記録。WA州南西部では、過去50年でダムの貯水レベルが最低水準に達しており、猛暑日の記録も倍増しているという。こうした傾向は今後も加速し、温暖化と乾燥はさらに進むと予想された。


世帯別の平均電力消費量 地区別経済格差が浮き彫り [環境]

sydney.jpg7月1日から最高18%の電力値上げが承認されているシドニーにおける一世帯あたりの平均電力消費量は、年間7,000キロワット、電気代は1510ドル(約13万5千円)。38ある行政地区別で比較すると、シドニー北部の富裕地区クリンガイが最も高く、平均電力消費量は10,453キロワット、電気代は2477ドル(約22万円)という。

[ひらめき][ひらめき][ひらめき][ひらめき][ひらめき]

地元メディア大手ヘラルドが、配電会社提供のデータに基づき算出したもの。これによると、全世帯に占める一戸建て住宅の割合が9割近いクリンガイ地区同様、ハンターズヒル地区、ウラーラ地区など富裕地区ほど世帯別の電力消費量の高さが目立った。一方、4世帯のうち3世帯がマンション暮らしであるシドニー地区では、玄関ロビーやプール、ジムなど、建物内の共同施設用使用電力が各世帯用の電気料金には直接反映されていないことから、今回のデータをもとに節電努力を推察するのは難しい。電気料金の高騰と環境への意識から、節電を心がけたいとする住民が8割に達する一方、具体的な方法に関する情報不足や効果実感の希薄さが、積極的な節電への足かせとなっているようだ。こうした現状に基づき、研究者らは節電啓蒙にはコミュニティーを基盤とした住民全体の連携意識と情報共有が必須と指摘する。


再生可能エネルギー利用の発電 過去50年で激減  [環境]

Australia%27s%20Energy%20Mix%201960%20-%202008.jpg豪州における水力や風力など再生可能エネルギーによる発電が全発電量に占める割合は、1960年の19%から2008年には7%に激減。同期間における石炭利用の火力発電量は1200%拡大したこともわかった。

 [ひらめき][たらーっ(汗)][台風][ひらめき]

ビクトリア州拠点の環境グループEnvironment Vicotriaによる調査報告によると、オーストラリアでは1960年を境に発電量が急拡大する中、石炭利用の火力発電が1200%も成長したのに対し、再生可能エネルギー利用による発電量の成長は450%増にとどまっている。連邦政府は2009年、再生可能エネルギー利用による発電量を2020年までに全発電量の20%に引き上げる目標を定めたが、後退している現状だ。EVのマーク・ウェークハム主任によると、過去の干ばつの影響で水力発電が減ったこともこうした後退の要因の1つという。石炭やガスを利用した火力発電による電力課金を、再生可能エネルギー利用発電への研究や助成金として循環させる効率的な制度確立が不可欠と指摘する。

 

 


毛皮使用 実は犬の毛 愛護団体が摘発 [環境]

たぬき.jpg動物保護団体ヒューマン・ソサイアティー・インターナショナル(HSI)の最近の調査から、豪州国内の大手デパートで売られている毛皮使用の商品に、犬の毛皮が用いられていることが分かった。http://bit.ly/jmfSBb

[犬][ドコモ提供][猫][ドコモ提供][犬][ドコモ提供][猫]

HSIがこのほど、大手デパートマイヤーで販売されている毛皮を使用した衣料品12点を調べたところ、ラベルにはたぬきやうさぎを使用と書かれているものの、実際には犬の毛であることが分かった。豪州は2004年、犬・猫の毛皮製品の輸入を禁じる法律を採択。これにもとづき、検疫関連の規定も導入された。HSIによる今回の調査活動は、今年2月に衣料大手ウィットナーが販売するジャケットに犬の毛皮が使用されていたことが発覚したことにもとづくもの。HSIの指摘によると、こうした商品のほとんどは中国製という。マイヤーの経営陣は今週、上海で約60社のサプライヤーとの商談に臨み、ラベル偽造や豪州の輸入規制について厳重に注意を促すとしている。

 

 


夜明けの空に注目 4大星がほぼ直線状に [環境]

朝だ.jpg南半球ではこれから約1週間の間、夜明け前後の空に注目したい。水星、金星、火星、木星の4大星が、地平線近くにほぼ直線で並ぶ光景を肉眼で楽しむことができる。

[ぴかぴか(新しい)][夜][ぴかぴか(新しい)][夜][ぴかぴか(新しい)]

オーストラリア東部標準時間帯で5月13日の午前5時~午前7時、金星を中ほどに、左側に木星、右側に水星と火星が水平線や地平線に近い位置で1つの線を結ぶように並び、朝焼けの空に見事な輝きを添えてくれそうだ。同様の配置は2~3年ごとに観察されるが、今回のように4つの星がほぼ直線に並ぶのは、次回は2040年9月8日と29年先になる。占星術者の中には、今回の星の配置は、人々の感受性に大いに影響し、特に家族という絆を強く意識させる影響があるとする説も聞かれる一方、天文学者の中にはこうした星の配置と人間の関係には科学的根拠はないと否定する声もある。


NSW州内陸部で降雪 シドニーも冷え込み さむ~ [環境]

初雪.jpgシドニーの日中の気温は最高17度どまり。冬本番にはまだ早い5月12日、最低気温は5度前後と、この時期としては1997年来、最も寒い朝を迎えた。

[雪][晴れ][台風][雪][晴れ][台風]

バサーストやリスゴーなど、内陸山間部では降雪のため、近隣のハイウェーでは交通規制が行われている。南部のスキーリゾート地帯であるスノーイー・マウンテンでは、15cm前後の積雪を記録し、本格的なスキーシーズンにむけて動き出した。寒冷前線の影響で、この寒さはまだ数日続く予報だ。


パースの住宅地で蟻退治の依頼が急増  [環境]

あり.jpg西オーストラリア州パースの住宅地で、家の中まで蟻の行列が侵入し、害虫駆除の依頼が殺到しているという。

[家][足][家][くつ][家][足][家]

現地業者によると、蟻退治の害虫駆除依頼は1週間当たり15件から20件あり、去年に比べて急増しているという。原因は少雨による乾燥で、えさや湿り気を求めて、蟻が家の中に侵入してきているようだ。一方、カーティン大学で環境と農業に関する研究に従事するブライアン・へトリック教授によると、増えているのは土着の蟻より、外来種の蟻という。乾燥した夏も終わり、蟻問題は一時期のことで、今後は収束するはずと指摘する。

 


SA州軍事演習特別区 資源開発利用に開放  [環境]

WPA.jpg豪連邦政府は5月3日、南オーストラリア州ウーメラ地区の軍事利用専用地を、商用目的の鉱物資源掘削に解禁する意向を明らかにした。

[足][足][足][爆弾][足][足][足]

対象となる土地は1947年、ウーメラ禁止区域(WPA)に指定され、冷戦時代には、同地域で豪・米・英軍のミサイル発射実験が行われ、以来、専ら軍事演習目的に利用され、一般の立ち入りが禁止されてきた。一方、127万平方キロメートルにおよぶ同区域は、ウラン、金、銅など約350億ドル規模の鉱山資源が眠る。連邦政府は2009年、ウーメラ地区に近接する金・銅鉱山の中国企業による買収計画を却下した経緯がある。今回の方針転換は、レッドゾーンとされる限られた特定区域を除き、商用開発にWPAを解禁するもの。連邦政府は1年後をめどに、段階的な開放を可能とする規定を整備するという。


NZオークランドで竜巻 死者1人 負傷者20人超 [環境]

オークランド.jpgニュージーランド・オークランドで5月3日午後、竜巻が発生し、1人が死亡、20人以上の負傷者が出た。

[台風][台風][台風][台風][台風]

ノースショア地区にあるアルバニー・メガショッピングセンターでは現地時間午後3時、駐車してあった車が空中に舞い上がるなどの竜巻による被害があった。同国気象庁の話では、当時、時速200㎞の風速を観測。ニュージーランドでは年間、約20件の竜巻の発生を観測するが、ほとんどは比較的規模の小さいものが一般的という。過去の竜巻の被害では、1948年に、死者3人、負傷者80人を出した記録がある。


QLD州北部で地震 マグニチュード5.2 [環境]

Queensland alert on shakes to come.jpgクインズランド州北部で4月16日午後3時半ごろ、マグニチュード5.2の地震があった。震源地はタウンズビルの南西約180キロメートルで、震源の深さは10km。この地震による被害の報告はなかった。

[ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)]

同州でマグニチュード5水準の地震が発生したのは1935年以来。その後、マグニチュード3~4の余震が多発しているが、これまでのところ、地震による被害はゼロだ。国内の地震学者によると、今回の地震と日本およびニュージーランドで発生した大規模地震の関連性はないという。今後も数週間から数ヶ月にわたり余震は続くと見られるが、そのほとんどは体感できないほどの水準という。


立小便 するならどうぞ 公衆青空便所 シドニーにお目見え [環境]

移動式.jpgシドニー市はこのほど、立小便への苦情対策として、欧州ですでに利用されているオープン式の移動便所を試験的に設置し、効果のほどを確かめようと乗り出した。

[トイレ][ちっ(怒った顔)][トイレ][ちっ(怒った顔)][トイレ][ちっ(怒った顔)]

夜の繁華街で知られるキングスクロス地区、オックスフォードストリート上で、住民や商店主から特に立小便への苦情が多いスポットに来週から1ヵ月間設置し、効果が確認できれば週末限定で常設することも検討するという。写真で見る限り、なかなか高い位置に的があるようですが、どうなんでしょう、、小柄な男性の場合。。


夏時間終わる 次回開始は10月2日 [環境]

autumn.jpgニューサウスウェールズ州など豪州国内で夏時間(Day Light Saving)を採用する各州で4月3日、時計の針を1時間戻して夏時間が終了した。再開は半年後の10月2日だ。

[蠍座][射手座][山羊座][水瓶座][魚座][牡羊座]

豪州国内で夏時間を採用しているのは、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、首都圏特別区、南オーストラリア州、タスマニア州の4州と1特別区。同制度が導入されたのは1900年代初期。2008年からは10月の第一日曜日開始、4月の第一日曜日終了で足並みをそろえての実施体制となっている。西オーストラリア州では、2006年12月3日の試験的導入を皮切りに3年間のトライアルの結果、州民投票で恒久的導入が否決された。同州ではそれまでにも1975年、84年、92年の過去3回の投票の結果、いずれも導入が否決されてきた経緯がある。ほかに導入していない州は、北部準州とクインズランド州。QLD州では州を2分割し、採用域と非採用域を指定しての導入が検討されている。


英国スコットランドでもヨウ素確認 極めて微量 [環境]

メッセージ.jpg英国スカイニュースは3月29日、スコットランド地方グラスゴーで大気中のヨウ素が検出されたと報じた。

[iモード][ー(長音記号1)][iモード][ー(長音記号1)][iモード]

スコットランド環境保護局(SEPA)は、グラスゴーで検出されたヨウ素は、福島原発から放出されたものであると認めた上で、検出された量は極めて微量で、住民の健康への影響懸念はないとしている。ほかに米国やカナダ、アイスランド、スイスからも同様の検出報告がなされている。


今夜 アースアワー 明かりを落とし 星に願いを [環境]

虹色.jpgシドニー発信で始まったEarth Hourが3月26日、今年も世界中の都市と人々を結んで行われる。2007年の開始から5年目。昨年の参加記録は、世界128ヵ国、4616都市に達した。

[夜][ぴかぴか(新しい)][夜][ぴかぴか(新しい)][夜][ぴかぴか(新しい)][夜]

Earth Hourのイベントは、地球温暖化防止への啓蒙活動として、WWFオーストラリアが発起主体となってシドニーから始まった。初年度は約220万人の市民が参加。以後、毎年開催されてきた同イベントは、世界規模で活動の輪が広がった。午後8時半から1時間、無駄な電気を消して、健やかな地球を願う。今年は実施時間を1時間に限らず行おうとの機運もある。このイベントが開催される経緯には、2004年の12月26日、スマトラで発生したマグニチュード9の大地震と大津波によって20万人以上もの犠牲者を出した震災への記憶と慰霊の念もあった。Earth Hourは今年、さらに深い祈りの輪となって、明かりを落とした世界の街を結び、包み込むだろう。


WA州の山火事 住宅約60棟焼失 [環境]

WA火事.jpg西オーストラリア州パース郊外で2月5日、火災が発生し、おりからの強風と乾燥した空気の影響で、火は瞬く間に広がり、7日夜までに住宅59棟が焼失、強風や火炎による損害を被った住宅も30棟を超えた。

[むかっ(怒り)][どんっ(衝撃)][むかっ(怒り)][どんっ(衝撃)][むかっ(怒り)]

パースを北東と南東からはさむように発生した火災は、複数地区に燃え広がり地区住民100人以上が緊急避難した。当日非番だった地元住民の警察官が自宅で電動研磨機を使ってDIY作業をしていたところ、研磨機から飛び散った火花が今回の火災の原因になったもようだ。7日夜、火の勢いは衰え、緊急避難していた住民らに帰宅許可が出された。一方、火はまだくすぶっているところもあり、当局は8日零時から24時間、パースおよび周辺地区を対象に火器使用厳禁令を適用した。同令への違反者は、2万5千ドルの罰金または・および12ヶ月の禁固刑が科せられる。

 


過去最大規模のサイクロン QLD州上陸に備え 厳戒態勢 [環境]

サイクロン.jpgクインズランド州北部沖で発生した過去最大規模のサイクロン「ヤシ」は、最強のカテゴリー5に発達し2月2日現地時間午後10時、ケアンズとタウンズビルの間を突き抜ける形で上陸する見通しだ。大潮と重なることもあり、被害規模も過去最悪に達する恐れがあるとして、厳戒態勢がしかれている。

[台風][台風][台風][台風][台風]

最大風速300km/時間の威力を維持したまま上陸が見込まれる今回のサイクロンは、1974年にケアンズやダーウィンに壊滅的な被害をもたらしたサイクロン「トレイシー」を上回る。アンナ・ブライQLD州首相は、災害対策本部からの中継で、「かつてまだ誰も体験したことのないほどのサイクロンで、多数の死傷者を出す可能性もあり、対象地区の住民は、一刻も早く避難し、安全確保を最優先してほしい」と呼びかけた。ケアンズ、タウンズビルの両空港は2日午前10時に閉鎖。州政府は、特別列車を運行し、地域住民の避難活動を支援。上陸後のサイクロンは、少なくとも24時間に渡り最大威力を維持したまま内陸へと進むと見られ、現地からは緊張の厳戒態勢のもようが断続的に伝えられている。


ブリスベン川決壊 ゴーストタウン化した市内  [環境]

サウスバンク.jpg州都ブリスベンが過去最悪の水害の危機に面している。市内を流れるブリスベン川が1月12日朝、決壊し、冠水地区はじわじわと拡大している。同川の水位は12日午後3時に4.5メートル、13日には最高5.5メートルに達すると予想され、浸水被害はブリスベン市内ほぼ全域におよぶと見られる。

[小雨][小雨][小雨][小雨][小雨]

内陸津波とも形容された今回の鉄砲水による犠牲者の数は12日現在、死者10人、行方不明者90人と報告されている。地元電力会社エネジェックスは安全対策の一環で、12日朝からブリスベン市内への電力供給を停止。国内3番目の都市は実質機能を停止し、多くの留学生が通う語学学校らも臨時休校となっている。ブリスベン川の水位がピークに達する13日には、民家19,700戸、店舗やオフィス3,500戸が浸水する恐れがあり、広域にわたり最悪の事態に備えての避難や救助活動が続いている。

CGによるブリスベン川の水位が3.5メートル、7メートルに達した場合の浸水被害シミュレーション 

 


非常事態 ゲリラ洪水が急襲 死者8人 行方不明72人 [環境]

濁流.jpg非常事態.jpgQLD州トゥーンバ市街を襲ったゲリラ洪水による濁流に飲み込まれた犠牲者の数は災害発生から一夜明け、死者8人、行方不明者72人に上ることが分かった。自宅屋根に避難し、取り残されたままの住民も多数確認されているが、不安定な天候が続いており、救助活動に遅れも出ている。

[霧][台風][霧][台風][霧][台風][霧]

「陸からきた津波」と形容された今回の災害では、水位が最高8メートルに達する濁流が街中に流れ込んだ。通りを歩いていた母親と乳児をはじめ、歩行者や車ごと濁流に飲み込まれた市民が犠牲となった。行方不明者の所在確認手続が進む中、犠牲者の数は今後も増える可能性もある。陸上で津波化する洪水は、ブリスベン・サンシャインコースト方面に南下しており、州当局は広範囲にわたって災害警報を発令。同方面の住民らに注意を呼びかけている。これら地域には留学生らも多く滞在する。対象地域に住む留学生は、滞在先や留学先学校からの地元情報に留意し、安全確保を怠らないように。


QLD州トゥーウンバ市内を鉄砲水が急襲 1人が死亡 [環境]

鉄砲水.jpgクインズランド(QLD)州トゥーウンバ市の中心部に1月10日、鉄砲水が押し寄せ、車や人が多数濁流に押し流され、救助活動が行われる中、道を歩いていた女性1人が濁流に飲み込まれ犠牲となった。

[霧][霧][霧][どんっ(衝撃)][どんっ(衝撃)][どんっ(衝撃)][霧][霧][霧]

同市では午前9時ごろから86ミリメートルの激しい雨が降り続き、午後1時過ぎ、市内中心部が鉄砲水に飲み込まれた。同州では今後も不安定な天候が続くと予報され、ブリスベンやサンシャインコーストでも洪水の可能性が高まっており、当局は住民に注意を呼びかけている。オーストラリア国内では、洪水被害者向けの義援金を募る活動が活発になっている。民放テレビ局チャンネル9は1月9日、人気キャスターが進行役となり、募金を目的とした特別番組を放映。同番組による募金総額は一晩で1千万ドル(約8億5千万円)超に達した。


QLD州大陸規模の洪水 累積被害額は1日あたり1億ドル [環境]

QLD洪水.jpgクインズランド(QLD)州ロックハンプトンで1月5日、フィッツォロイ川の最高水位が史上2番目の9.2メートルに達し、数百戸が浸水。同地では向こう2日間、さらに激しく雨が降る見通しで、大陸規模の洪水被害は、隣接するNSW州にまで拡大する懸念が強まっている。

[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

QLD州ではこれまでに40の市町村が浸水し、4千人以上の住民が避難生活を余儀なくされている。被害総額は6日現在、約50億ドル(約4千億円)と試算された。同州における主力産業で、国内GDPの0.2%を占める石炭の生産・輸出活動は停止したままで、同影響による損失額は1日あたり1億ドル(約80億円)に上る。また、ネギやスイカ、アボカド、さつまいも、コーン、レモンなどの主要生産地(全国の3割)も壊滅的な被害を被っており、今後、こうした穀類・野菜の価格高騰は必至の見込みだ。被災地ではまた、浸水の影響で山林から流されてきた猛毒のヘビがいたるところで目撃されており、近隣の医療機関では急きょ、血清の備蓄を増やして備えるなど、対応にあたっている。


ニュージーランドの海岸に 魚の大量死骸 [環境]

NZヘラルド.jpgニュージーランドのコロマンデル・ペニンシュラ・ビーチで1月5日、死んだ魚が大量にうちあげられているのが見つかった。近くの海上にも魚の死骸が大量に浮いているのが目撃され、当局では原因調査に乗り出した。

[がく~(落胆した顔)][exclamation&question][がく~(落胆した顔)]

米国で小鳥の大量死の謎が話題となる中、ニュージーランドでは目のない鯛の死骸が大量に見つかり、原因をめぐりさまざまな憶測が流れている。環境保護当局の話では、天候の影響で餌がなくなり餓死した可能性が指摘されたが、密猟による遺棄による人為的原因も考えられるとして漁業当局の調査が進められている。


9年居座った干ばつ すべての地域で終えん宣言 NSW州 [環境]

water.jpgニューサウスウェールズ(NSW)州は10月21日、同州で最も干ばつ被害が長引き、農村部を中心に深刻な打撃をうけたニューイングランド、北西内陸部、モナロの3地方の干ばつ宣言を解除した。過去9年にわたり続いた干ばつの苦しみから、すべての地域がようやく解放される見通しだ。

[晴れ][雨][霧][晴れ]

2003年4月の最悪時には州全体の99.5%で干ばつ宣言が実施された。農家や関連の小規模事業救済に、政府の負担額は、州で5億3,500万ドル(約400億円)、連邦で15億ドル(約1200億円)に膨れ上がった。過酷な干ばつのつめ痕は、農業を営む男達の心を砕き、農家の主婦らは家計を支えるために働きに出ざるを得ない生活を強いた。多くの農業従事者は、今回の宣言解除に安堵する一方、水をはじめ身近に利用できる資源の貴重さ、持続可能農業の重要さを再認識する機会になったと、これまでの日々を振り返る。こうした声に、農業大国オーストラリアの新たな希望や目標が垣間見られる。


春の大嵐 NSW州で一部降雪も  [環境]

snow.jpgニューサウスウェールズ州は10月16日、発達した寒冷前線の影響で冷たい強風が吹き荒れた。山間部ではこの時期には珍しい降雪を記録したところもあった。(写真は17日付シドニーモーニングヘラルド電子版)

 [台風][台風][雪][台風][台風]

雪が降ったのはブルーマウンテンやオレンジ市など内陸の山間部。首都キャンベラでも降雪を観測した。内陸のワガワガでは、洪水の影響で床下浸水の被害がでた。シドニーでは強風のため、シドニー空港の滑走路のうち1本が閉鎖され、航空ダイヤに大幅な乱れが出た。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。